*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.05.30 (Wed)

うちのオカンは、まだまだお子チャマ・・。

文字色うちのオカンは、まだまだお子チャマ・・。

そう思ったのは最近のこと。実をいうと、最近お婆ちゃんの調子が良くないと、お母さんの妹である叔母さんから電話があった。ガンが再発してて、もう体力もないから抗がん剤の治療も見送ることにしたっていう大事。

んが、その話を私は叔母さんから聞いた。
叔母さんはお母さんとケンカをしてから連絡を取ってないし、連絡をもらってないとこのこと。

ケンカの原因は、叔母さんの家が自営業の電気やさんで、最近は大手の電気屋さんがたくさんできてきたから
叔母さんのとこのような自営業のお店は大変だね・・なことをお婆ちゃんの旦那様(私からしたらおじいちゃんの立場の人かもしれませんが、年齢がかなり離れているため、ずっとおじさんと呼んできた人が今はおばあちゃんの面倒をみてくれています。いろいろ問題のある人ではありますが、お婆ちゃんの面倒をきちんとみてくれる人です。なので、おじさん、で)であるおじさんと話していて。

しかし、そのおじさんがなんかふいっとおかしな感じで叔母さんに伝えてしまったために、叔母さんはムカついて、うちのオカンに「ずいぶんとうちの悪口を言ってくれたみたいだね」と電話したのだとか。

箇条書きにすると

・おじさんとオカンが「最近は大手の電機メーカーが格安で電化製品を売っているから、妹の経営している個人の電気屋では定価とかの問題もあって、売れ行きに響いてくるだろうから大変だね」と話す。

・おじさんが「臣人のオカンが、大手の格安電気メーカーがでばってきてるから、もう個人商店では売れ行きが悪いだろと言っていた」となんか少し間違った感じで伝えた。

・叔母さんがオカンに「ずいぶんと悪口言ってくれたみたいだね」と電話をする。

・オカン、きちんと弁明をせずに電話をガチャ切り。


コレが全貌。


はっきり言って、かなりかなり「くだらない姉妹喧嘩・・!


んが、叔母さんの主張はわかる。

うちのオカンはお婆ちゃんの家まで2時間か3時間かかる場所に住んでいて、時々様子を見に来るけれどなかなか何度も・・というわけにはいかないままでいる。
叔母さんはお婆ちゃんの家の徒歩2分の場所にいてくれて、おじさんもいるけれども、自分の時間があるときはお婆ちゃんの面倒をみてくれている。それに比べたら、叔母さんの方がオカンよりも親孝行してくれていると思う。
それだけではなく、住居も提供してくれているのだから、本当に苦労をかけています。

オカンも場所が離れているから仕方ない。とはいえ。叔母さんとの上位に上げたケンカを根に持ってしまい。

「向こうが謝らなければ、私から連絡しない!!」


なんて、アホなことをすっごい決意表明していた。

いやね、オカン。

アナタと叔母さんのケンカはすっごくくだらなくって、はっきり言って「どうでもいい」ことです。

お互いの誤解を解けばいいこと。そんな、どうでもいいくだらないことよりも、一番に考えなきゃならないことは
「病魔に冒されているおばあちゃんのことでしょう・・・?」


私がそれを伝えても、オカンには叔母さんに一方的に責められた言葉のほうが大事みたいで、私が何度も「そんな姉妹喧嘩よりも、今はおばあちゃんを一番に考えてあげるのが大事じゃないの?」と言っても「私は悪くないのに、責められたんだよ?!もうこの話しないで!イライラしてくるから!!」だって。

お前は中学生か!!

貴方がたのお母さんのことじゃん・・・。
このままじゃ、もしも急におばあちゃんの容態が急変して最悪のことになったら。

叔母さんに「アンタは何もしなかったじゃないか!」と言われて、立ち会うことも拒否されるかもしれないからと何度も叔母さんにどうこうは言わなくても、おじさんにだけでもお婆ちゃんの様子を電話で確認した方がいいと伝えました。

ていうか、こんな「今一番やらなきゃならない、やっておいたほうがいい」のが、すごくわかりやすい形で与えられているんだから、姉妹喧嘩なんてくだらないことはおいといて、おばあちゃんを一番に思えばいいのに。

だって、喧嘩内容もくだらなすぎるし。いい大人のくせに、なにをやってるんだか・・。


とにもかくにも、オカンも叔母ハンも、今はおばあちゃんを気遣ってください・・



スポンサーサイト
04:27  |  なんだかなあ・・。  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

★離れて暮らしていると・・・・

親のことも、親の面倒を見てくれている人がどんな苦労をしているかも、ま~~~ったく気遣いもしなくなるし、気にもとめなくなる人は結構多い。

と、うちのばーさまが死んでからよくわかった。
べる |  2012年05月30日(水) 21:56 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://omito.blog80.fc2.com/tb.php/644-11cc302b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。