*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.07.25 (Wed)

里見八犬伝

里見八犬伝 里見八犬伝
薬師丸ひろ子、真田広之 他 (2001/08/24)
PI,ASM

この商品の詳細を見る


去年、確かTVドラマで美少年並べて作られた『里見八犬伝』。
私が知ったのは薬師丸ひろ子主演の、少し古い感じの映画からでした。最初は・・エンディングテーマの曲が好きになって、なんじゃらほい?と思って観てみたら。

私の好きなタイプの和風ファンタジーな作品でした。
DVD買って今でも楽しんでいます。

この作品の何がいいかって、薬師丸ひろ子演じる静姫と、八犬士たち。・・・だけではなく!敵もイイ! 今観ると、どうしても最近のCGで綺麗に構成された作品とは違って時々ワイヤーがみえちゃったりもするんですが、アクションシーンがやはりTVドラマのものよりも迫力があったと私は思います。

真田広之の太もも・・・!
い、いやいや、彼の使っていた双頭鎌がかっこよくって!



夢中になっていた頃にファミコンでゲームも出ました。八犬士のうち一人を選んで仲間を探し(誰でも一人選べます。誰から始めるのかは自由)静姫とともに光を取り戻すというもの。面白かったなあ。今ではもうでないだろうなー・・。残念。

そのゲームでは一つだけ悲しいことがありました。
そのゲーム自体が映画『里見八犬伝』を元にしていたので、キャラもそのまま映画の人物を使っていました。
その中で『智』の玉を持つ荘介(そうすけ・・字が違うかも)がいるんですが、映画の中では12、3歳くらいの子供なんですね。で、ゲームでもまんま子供なのですが、頭のいい子なので幻術というか魔法系が得意なキャラだったと記憶しています。

んが!
彼を最初の画面で選ぶと・・・。



弱すぎて、

敵が出てきて相手してくれないのです!!



仲間を集めていかないと敵が強すぎていけない場所へもす~るする。でも、敵が出てきてくれないから経験値もあがらなければHPもMPも上がらないし、魔法だって覚えない。
・・・ただの一人旅を満喫しただけになりました<笑>

気が向いたら観てみてください。最近のCGに目が鳴れちゃってると古臭い感じに思えるかもしれませんが、アクションシーンはそれぞれがかっこよくって見所満載です!


スポンサーサイト
05:15  |  好きな洋画(ドラマ)  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://omito.blog80.fc2.com/tb.php/143-bdbcc5bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

里見八犬伝

里見八犬伝南総里見八犬伝(なんそうさとみはっけんでん、南總里見八犬傳)は、曲亭馬琴(滝沢馬琴)作の読本。略称は八犬伝。概要1814年(文化 (元号)|文化11年)に刊行を開始し、1842年(天保13年)に完結。28年がかりの大作で、馬琴は途中失明しながら
2007/07/28(土) 06:46:01 | ななこの日記

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。