*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.05.18 (Fri)

そういや、昔。

高校んとき、一時期「イラスト同好会」なるものに入ってたのね。

そん時の後輩が、お互い卒業してから3年後くらいにまた地元で偶然会ったんだけど。そのとき仕事場の近くに本屋さんがあって、そこの店員さんが同じ趣味だったんで、仲良くなった。次第に後輩もその店員さんと仲良くなった。

ところが私の仕事〈バイトだけどw)してたお菓子屋さんがつぶれてしまい、私は今の仕事場になったわけで、そうなったために本屋の店員さんとも、後輩とも疎遠に。

・・したら、それからまた3年くらいして、突然後輩から電話が。
(そういや、電話番号教えたかな?今でも教えた覚えがないんだけど、まあ私の記憶じゃアテにならんのでいいか。)なんでも、久しぶりだから会いたい、話をしたい。てな感じ。

上記のことからしたら、その後輩とは結構頻繁に会ってたみたいな文章だけど実はそれほどでもなくて、一ヶ月に一回くらいに会えたら話す、位な感じだった。だから、なんでその後輩がそんなに私と話をしたいのかわからんくて、何度も断ってた。でも、何度も何度も電話がかかってくるし、粘ってくる。私はめんどくさくなって「一度くらいならまあいいか。」と近所のファミレスで会うことを約束した。

ファミレスで会うんなら、と昼食を摂らずに出向いたら。
もう一人の後輩とともに延々と『健康食品』の勧誘話をされた・・。
お腹空いてたんで、「食事させて」といったけど、食事の最中もずううっと。

「先輩、これから先のお金の心配とかありますよね?」

「でも、私と同じ会員になって、他の人に商品を薦めて買ってもらえたら、自分にマージンが入るんですよ。」

「そして、先輩が薦めて会員になってくれた人がまた他の人を薦めて、その人が商品を売ってくれたら、その分のホニャララ%が先輩のお金になるんです!」

「観てください、この写真ね、2ヶ月前にグアムに行ってきたんです。私が商品を進めて、会員になってくれた人がさらに他の人を薦めてくれたおかげで、月に40万も入ってくるようになったんです。それで海外旅行に行ったんですよー!!」

「本屋の店員さんも、進めたら会員さんになってくれて!私たちみたいに、先輩にも将来の心配をして欲しくなくて。」

「あ、マルチとか言われてますけど、そんな心配は全然ないんです。きちんとした会社で、私も商品を使ってます。そのせいか体調が良くなって」

私がどんなに「そういうのは興味ないから」と言っても食い下がってきます。


「先輩、親だっていつまでも元気じゃないですし、これからの自分がどんだけ稼いでも、貯金なんてなかなか難しいじゃないですか。それなら、いいものを薦めて、その人に幸せになってもらって、会員になってもらったら先輩もその人も、その人の友達も幸せになるんですよ?いいことずくめじゃないですか。」


そんな事言ってたかな。でも実際問題、私はそんなに友人はいません。小学校からの友人2人と、高校の時の友人が(とりあえず連絡がつく人やつかない人、友人だった人は省いても)4人くらいしかいません。それはおいといても、私自身が「誰かに何かを強く薦める」のは苦手です。相手が「いや、それは・・」と来たら簡単に引っ込みますw 相手がイヤなら薦めても無理だし、逆に強く勧めたら嫌われますし。

それだけじゃなくて、私が一番ひっかかったのが

「他の人に薦めて、その人が会員になってくれて、また別の人を会員にして商品を売ってくれたら、どんどんその人たちが売った分、お金が入って来るんだよ」

ってとこ。つまり後輩は、私を「金ヅル」にしようとしてたってことだな?と。それほど仲良しな先輩後輩の間柄じゃなかったけど、そら、こんなふうな扱いされてりゃあ気持ちはよくないので、頑として「お断り」してきました。ファミレスで別れたときの彼女らの顔が今でも忘れられないかな。
自分達がこんなに薦めて、たくさんのメリットも伝えてるのに会員にならないなんて信じられない・・そんな顔でした。


それから2年後くらいかな。オヤジさんが体調崩して病院に通うことに。仕事も出来なくなってしまったわけなんだけど。
その病院の会計事務員として、その後輩がいました。その時は普通に会話してたけど、心のなかでは

「あれ?月に40万も入ってくるし、老後の心配もなくなるって言ってたのに、何でココで働いてるんだ?」

と、思っていました。それから病院が変わってしまったのでどうなったかは知りません。

「マルチじゃあないですよ!」

と力説していた後輩。 んが、世間をあまり知らない私ですらその構造は

「マルチ」〈ネズミ講)以外のなにものでもありませんがな。


みなさまも、すっごく久しぶりな知り合い(友人だったかも曖昧)だった人からの「会いたい」コールにはお気をつけあそばせ。
純粋に会って話をするだけならともかく、自分の利益の為に人を巻き込もうとする人もたまにいますので・・。そういうことがあったら、少しだけ、疑う気持ちをもって慎重になるのもいいかもしれませぬ。ハイ。


・・つか、「仕事する苦労」をしないでもお金が入るのよー!!なんてアホぬかす奴の言葉はダメってことです。

スポンサーサイト
01:42  |  そういや昔・・・  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.11.30 (Mon)

びいどろ。

biidoro

久々に家の中をがさごそ。

いつごろ買ったのか、それともいただいたものだったのかすら忘れていたけれども、びいどろが見付かりましたアップロードファイル

ぺこん、ぱこん。

音の高さの違う二つが、なんか面白いです。色も綺麗キラキラ


04:27  |  そういや昔・・・  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.26 (Sat)

そういや以前。


その時仲の良かった友人に聞いた話。

なんでも、彼女のお兄さんが真冬にお風呂に「クールバスクリン」を入れてお風呂に入ったら、出てきた後にすごく寒かった・・・という話を聞いたのですね。

そんでもって、わたくし。


試してみましたアップロードファイル

いやだって、クールとはいえ仮にもバスクリンです。お風呂の友達です。温まってなんぼのものでしょ?いくらなんてもお風呂から上がったばかりなんだし、寒いとかありえないわーjumee☆ohwell1
とか思っていたのです。そして、実験。

ごめんよ、友人。キミのお兄さんの言葉を疑って・・!!がっくり
キミのお兄さんは嘘なんかついてなかった!そうだね、クールバスクリンは夏に入れるから爽快なんだ! 冬に、冬にクールバスクリンなんかいれちゃだめだよね!!jumee☆cry1Rb


結果。


ものごっつー寒かったですwjumee☆sweat2Rb


みなさまもホントか嘘かを調べるときには自分で実践が一番ですよ!wハイw



03:06  |  そういや昔・・・  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.01.10 (Sat)

ただいま、もうひとつのおうちにいます。


今日は遅めの正月休み!!うぁー!

離れて暮らすおふくろさんと、もう一人のお父上に逢いにきました。
弟はいなくて残念。もうだいぶ逢ってないので逢いたいなー。実はいないかな?と期待していたけれどいなかった・・jumee☆Feel Depressed4   避けられてなければいいけれど。

車で来たかったんですが、車の調子がよくないのでやめといて電車で。久しぶりに電車に乗りましたよw PSPでモンハンやってたら、その場に居合わせた高校生(下校時の生徒さんたちがたくさんおりましたのです)が気づいて、「一緒に狩りにいきませんか?」とな。一緒に狩りに行きましたw簡単なのだったけれどjumee☆imbeaten1R
もう二度と逢わないだろうけれども、楽しく狩りに行ってきました。ありがとう、通りすがりの高校生よ!足を引っ張ってごめんよー!jumee☆SaturdayNightFeverL

そして、帰りがけの見たことのない女子高生の制服に萌えながら<笑>やっとこさ家に着きましたとさw
3日ほど家でゆっくりして、おうちに戻ります。楽しくすごせますよーにハート


そうだ、拍手コメントを下さった方へ。
お返事が遅くなってすみません。今は拍手コメントを確認することができないのでお返事ができないのですが(でかける寸前に確認したので・・)帰ったらすぐにお返事いたします。もう少しだけお待ちくださいませ。




01:47  |  そういや昔・・・  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.08.25 (Sat)

占い

今は私の母上がその職業にと勉強中なわけですが。


私も実は占いをやったりもします。
ただ、私の占いは感覚的なものなので、勉強して得た知識のものとは違います。なので、占いについてのうんちくを質問されたらノックアウト系なんですが。

私の占いはタロットです。きちんとタロットの知識のある方からしたらちゃんちゃらおかしいや!な程度のものですが、一度だけ嬉しかったことがありました。


高校の時に占いにはまって、学校でも友達を占ったりしていました。
当たってるか当たってないかなんか考えず、ただ占いすることが楽しくって休み時間に頼まれてはカードを出していました。
そんななか、別のクラスの、全然話したこともない子が占ってほしいと友人とともにやってきました。
私は「ほんとの占い師ってわけじゃないから、当たらないかもだよ?」と念を押しましたがそれでもいいというので占いました。

内容は、良くある恋愛の話。彼氏から別れを切り出されたとのこと。
それで、どうしたらいいのか?と聞いてきました。


それまでのクラスメイトの占いの依頼は「明日のこと占ってv」とか占いのことを真剣に受け止めるといったものではなかったので、自分にも本格的な内容の占いをすることが少し怖かったのを覚えています。

占いの結果は、「初心に戻れ」でした。彼をまだ片思いでみていたころの自分を思い出せ、彼氏彼女になってからわがままが増えたとか相手の気持ちを考えないことがあったんではないのか?的なことを話し、別れを切り出された自分の悲しみよりも、彼がなぜそれを切り出したのかを考えてみたらどうか?となりました。

彼女は何も言わずに私の話を聞いていました。


それから二週間ほどして、その彼女が教室に現れました。私のアドバイスを受けて行動したら、彼氏が戻ってきてくれたとのこと。
ものすっごくいい笑顔で「ありがとう!」といわれたのを忘れられません。
自分の中では遊びのようなものだった占いが誰かの役にたったのが本当に嬉しかった瞬間です。

いまでも時々は占いをしてみます。あまり自分を占わず、誰かを占うということが多いですが。



母上が占い師となるために頑張っています。
んが、娘から一言。

占いは道しるべのひとつ。アドバイスみたいなものであって、未来を見る絶対のものではないから、「今月のあなたは○○だから、こうなのよ!」みたいに『絶対』という位置で見ないように。
いくつかある道でその時その人が選ぶ最良の道をほんのこっそり謎賭けして教えるだけ。占いに振り回される占い師にならないでね?


我が母上は少し占いに振り回される傾向があるので、それが心配でございます。あ、あと。あまり自分のことは占わないように!
自分の占ったことで人の運命を変えちゃうこともありうるから慎重にするように!言葉を選んで!

なかなか無茶するところがあるので、占い師になるのを承認したいまでもハラハラしている藤原なのでした。<笑>

テーマ : 占い - ジャンル : その他

02:48  |  そういや昔・・・  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。